CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
MAIL
MOBILE
qrcode
OTHERS
COUNTER
ブログパーツUL5
<< 映画ハイ☆スピード!ー Free! Starting Days ー」 岩鳶中学水泳部 記録会お疲れ様パーティー 感想1 | main | 裏アニメ 音響監督回2 >>
裏アニメ 音響監督回 1

AT-X「裏アニメ」の音響監督特集回がとても興味深い内容だったので、忘備録として文字起こし。

ゲストは鶴岡音響監督。

2019年4月公開の「劇場版  響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜」を主な題材として、音響監督の全仕事を語る回。

MCは津田健次郎さん、進行役に田口尚平アナ。

 

津田健次郎presents 裏アニメ

音響監督特集 ゲスト鶴岡陽太(楽音舎)

収録場所 Studio2010:

劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜を題材に

 

Q:田口尚平アナ(テレビ東京)

T:津田健次郎さん

A:鶴岡陽太さん

 

メニュー

【音響監督って何をしているの】

【劇伴ってなんですか?】

【大胆で緻密!?劇伴と劇中音のハーモニー】

【白熱!ダビングは熱い議論の場】

【潜入!アフレコブースの掟】

【音響監督のイロイロな質問に答えます】

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【音響監督はスタジオで何をしているの】

 

 アフレコを仕切るのは音響監督の仕事

 

Q:アフレコの演技指導や細かい部分って監督(ユーフォ:石原さん)の指示で進むものだと思っていたんですが、そこは音響監督が請け負ってるんですか?

A:請け負うというか、監督の作りたいフィルムを作るために、我々が専門家としての知見を傾けているということです。

Q:監督とも相談しながら?

T:僕らは『協議』っていうんだけど、「今日は協議が長いな」って時があって…例えばAパートの収録が終わってロールが止まった時、監督さんと相談されてるんだな、って時間があるんです。そのときにいろいろやり取りしているということですよね。

A:そうですね、全方面と(相談します)。

Q:長い時はどれくらい協議するんですか?

A:長くなると「台本書き直すか?」ってことになるから。

T:脚本家さんがその場にいらっしゃる時はその場でセリフの変更とかもあったり。

A:「書き直すか?」でちょっと長考したり。

Q:そういう時はキャスト陣はどうされているんですか?

T:喋ってたり、台本読んでる人もいるし、ブースから待合に出てきたり、人それぞれです。

A:そういうときにベストなポイントを探って「じゃあこれで行きましょう」って現場を進めていくのも我々の仕事。良い役者さんを呼んでいるわけだし、進行の最終決断は音響監督がやります。

Q:その専門性の領域に監督が「これがやりたいんだ!」っていう時は?

A:「それは無理ですね」って言う場合も含めて、そこは専門家ですから。

 

Q:では、音響の現場で実際に何が行われているかをまとめてみました。

 

 音響制作会議

 キャスティング

 音打ち合わせ…劇伴・劇中音

 アフレコ

 ダビング

 

Q:音響監督の仕事の流れなんですが、まず音響制作会議というのは何でしょうか?

A:クライアントとお話をすることです。

具体的には予算やスケジュール、作品のカラー、キャストやスタッフに関してや、どういう仕上がりにしたいかとか。

 

 アニメ業界専門用語【音響制作会議】

 :作品の基本方針やスケジュールを確認し、音響予算からキャスト声優、音響スタッフの人選を検討する

 

Q:スタッフによってもカラーが変わってくるんですよね?

A:全然違います。

T:スタッフも何が得意か、というのはあるし。(アナウンサーで言えば)実況が得意な人もいるし。

 

 音響制作会議は人選の方向性を決める

 

T:作品のイメージや方向性もここで?

A:作品の方向性は監督にお伺いするものですが、製作委員会の個々の皆さんの思いもありますから。それをお伺いしておかないと。なるべくみんながハッピーになるように。

Q:個々の皆さん…うわ…すごい疲れそう…

Q:キャスティングもですか?

A:キャスティングの方向性は感じることができます。作品をどういうポイントで売っていきたいのか、対象(ターゲット)は女か男か、とか。キャスティングに進むにあたって各社の思惑とか。

T:それがあって具体的にキャスティングに入っていくということですか。

 

T:キャスティングって、いちばん聞きにくいところ…いちばんドキドキする…

(Qに)ここはたくさん訊いて!どういうふうに決めていくのかを訊いて!何が大事かを!

Q:支援砲撃します…!あくまで鶴岡さんの考えを、ですけど!

Q:キャスティングというのは、そもそもどんな要素が絡まって決まっていくんですか?

A:最後に決めるのは監督だから、僕らは僕らなりに良いと思う提案を極力しています。

Q:毎回オーディションするんですか?

A:主要な役はそうですね。

Q:津田さんに訊いてみたいんですが、「自分の力を(オーディションで)出し切った!という時に落ちたってのは?

T:全然ありますよ。そんなのばっかりですよ。でも意外なこともたくさんあります。オーディションの案内が来たとき、「え?これ、自分に案内が来る役なんだ?これのオーディション受けていいんだ?!」っていうのがあったり。

A:そういうのこそ、オーディションしないと絶対決まらない。

T:そうですよね、(自分にそういう役の)イメージが無いから。

A:それがオーディションの良いところです。

T:それで受けて受かった、すごい意外な役も。

A:みんなが持ってるイメージで選ばれたら、だいたい同じような(方向性になる)…

T:僕に今、高校生の役*を振るのは鶴岡さんぐらいなんですよ。

Q:確かに、爽やかな珍しいキャラ(ユーフォの後藤卓也)ですよね。

T:Free!の御子柴もそうだし。

Q:それはどういう意図があったんでしょうか。

 

 後藤・御子柴 キャスティングの理由

 

A:後藤については(津田さんに)そういうイメージがあったから。すごくナイーヴで朴とした…

Q:御子柴清十郎は?

A:御子柴は、本来は強豪校の部長で、多分いちばん速いんですよ。だからいちばんイケてる声の人に…。

Q:イケてる声なんですよね!?

A:いちばんイケてる声の人を、と思ったら。

Q:津田健次郎が出てきたと。

A:そしたら面白いことをしてくれたんで、良かったなと。

T:ありがとうございます(照れ笑い&苦笑い)緊張します…

Q:オーディションやっとかないとだめなんですね。

T:そうですね…

 

Q:オーディション以外の決め方はどういったものが?

A:主要キャストはそうやって合議して決め、そうしたらスケジュールが決まるので、主要キャスト以外はスケジュール合わせです。例えば主要5人なら、きょうび5人のキャストのスケジュールを合わせるのは大変なので、周辺の方はスケジュールが取れる方の中でベストな提案をこちらからします。まずスケジュールありきです。相当スペシャルな方だったら、抜いてもやるけど…

T:抜いても、というのは「抜き撮り」のことで。

 

 アニメ業界専門用語【抜き撮り】

 :声優のスケジュールが合わなかった場合、別の日時に単独で録音すること

 

Q:それは予算が嵩増ししますよね?

A:嵩増しもするけど、良いものを作るためには。みんなでやった方がいいのは間違い無いけど。それ(予算)を補ってでも、この人じゃなきゃ、この味しかない、ってことであれば。

T:ケース・バイ・ケースですよね。

A:番組が続いてて第◯期とかになると、最初に揃えてたキャストが揃わなくなるので。

T:クールによって僕らのスケジュールは全然変わってっちゃうから。

A:アフレコに合流できない人が出てきたり…

 

T:キャストの提案も鶴岡さんがするということなんですけども。

Q:提案はデータベースが無ければ出来ないと思うんですが。人の声が頭にインプットされてるものなんですか?

A:それは限界がありますので、提案できるのは頭に(声のデータが)ある人だけです。学園もののモブの子たちは僕は全然分からないので、制作から提案を上げてもらいます。

Q:本来はキャスティングって制作がするものですよね?

T:音響制作というポジションの方がいらっしゃるんです。

 

 音を作る:音響監督ー音響制作ー音効さん/音楽制作会社/声優事務所

監督

 画を作る:演出/作画監督/美術監督ー制作進行ーアニメーター

 

Q:制作っていっぱいいらっしゃるんですね。

T:そうなんです。

Q:音響制作さんのメイン業務は?

A:基本的には音響監督助手です。スケジューリングに関しては100%、雑務は全部。

 

 「音響監督」の右腕「音響制作」

 

A:スケジューリングは特に大変。うちはスタジオを持ってるからまだいいけど、そうでなかったらスタジオの手配もしないとならないので。

T:スタジオを押さえて、各声優事務所とも折衝して。

Q:うわ…すごい大変そう…

A:毎週30分のテレビドラマを作っていこうと思ったら大変ですよ。

Q:制作進行さんが全部やっているのかと思ってました。

T:アニメーションの制作進行は別のポジションで、絵をいつまでに仕上げるとか、そっちなので。

Q:思ったよりも幅広いんですね。

A:役者さんのスケジューリングは信じらんないくらい大変です。絶対(スケジューリング)には携わりたくない…

 

続く。

| TVアニメ Free! | 21:47 | comments(0) | pookmark |
コメント
コメントする