Free! /OLDCODEX/外事警察/ハゲタカ/山本耕史/新選組!/ …について暑苦しく語る!
 
<< Free! 関西上陸スペシャル イベントレポその3 | main | Free! 関西上陸スペシャル イベントレポその5 >>
Free! 関西上陸スペシャル イベントレポその4
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

続きです。
エアロバイク対決が終わって4人はいったん退場。
スクリーンに6話合宿回のサイコロトークのシーンが映し出される。出演者にはちょっとした休憩タイムなんだろうけど…
ピンマイクがオンになったままのようで楽屋裏でごそごそしてる音や声が会場にそのまま流れてまーすよー( ̄▽ ̄;)アハハ…
タツ「やべっ マイクオンになってたw」

6話そのまんまの段ボールサイコロ(各キャラ名が各面に書かれ、もちろん怜は3面w)を手に、『誰がっ出ーるっかな誰がっ出るかなー」と5話レストハウスでの鼻歌歌いながら代永さん登場。「ぼく(怜)名前が3面ある……」をぼやきながら平川さんも登場。

グッズ うちわ表

画像はグッズのキャラ別うちわ。
思いのほかデカくてこっぱずかしい……
ちなみにうちわの裏面↓。デカいよ……( ;3)
グッズ うちわ裏

ということで次のコーナーは
【誰が出るかな?サイコロトーク】
先にテーマを決め、トークする人をサイコロで決めることに。代永さんが持って出たサイコロは1辺50cmくらいの段ボール製で、手作り感満載。
タツ「せっかくだから歌って!New Versionで!」
代永「だ〜れが出るかな誰が出るかなっえいっ(=゚ω゚ノ)ノ■」

代永「まこちゃん出たあw」

「恥ずかしい話」
タツ「 ( ゚A゚;)マジッ? オレ? 永遠に平川さんのターンだと思ってたw ……とりあえずさっき楽屋でウダウダしてたのオンマイクで全部流れてたってのが恥ずかしかったね。あと、アフレコとかやってるとき、なんてことないセリフで噛む時がとてつもなく恥ずかしい。一回つまずくと次々噛んでボロボロになるんだわ」
タツ「ずっと前向いて収録してて、ふっと振り返ったらスタッフサイドのブースがいつの間にか人いっぱいいて(自分を)見てたときとか。うわお!ってなってちょっと恥ずかしくなる」
信長「タツさん面白い話だけどガチ過ぎ……」
タツ「でも恥ずかしい話ってそんな面白いネタあまり無くない?」
信長「タツさんは自分が恥ずかしいと思うことやらないから!(*゚ー゚)」←わんこ信長安定の素でタツ賞賛うっとり
タツ「ああ?」←こいつまた素でこっぱずかしいことをしかも無垢わんこのきらきら眼でうっとりみつめてきやがって安定の邪険扱い
信長「あああっ(;・∀・)ァ・・たつさんは仕事以外で、スタイル的に恥ずかしいと思うようなことはあわわっ」
タツ「……恥ずかしいって思ってないし。仕事以外のこと…酒飲んで寝ちゃったりとかは」
信長「…寝ちゃいましたねw」
タツ「昨日は翼の膝まくらで( ̄▽ ̄)bニヤリ」
代永「おれが恥ずかしいじゃないかっ(;*´Д`*;)」
*ここでチリチリン!と正解ジングル
 膝まくらの話щ(´・ω・`щ)カモーンてことなのか?
 まさかSE内海監督が出してたりしてwww

信長「昨日みんなで飲みに行ったとき、タツさん2軒目からずっとテキーラをショットでのんでて。4〜5杯くらい」
代永「おれとタツが長いすに座って飲んでたんだよね。そしたらタツがふらふらしだして。ああ眠いんだな、横になって寝たいだろうなって思って席移動しようとしたら」
タツ「ん!」←代永さんの膝あたりを掴んで引っ張る
代永「ん?んん?」←ここに座れ?(ジェスチャー)
タツ「ん!」←再び長いすに腰を下ろした代永さんの膝にタツがボスッと頭のっけて満足そうに眠った ……らしい。
代永「羨ましかった?(゚ㅂ゚)ニヤリ」←信長くんを見て
信長「べべべつにっε=(;・`ω´・;)  」
*警笛ジングルと黄色い歓声に信長くん焦りまくり
信長「やめてくださいよっ(||゚Д゚*)ヒィィ!
これ恥ずかしいのぼくじゃないですかっ」

タツの恥ずかしい話、のはずがいつの間にか信長くんが恥ずかしがる話にw それを生暖かく見守る平川さん……

↓後で信長くんがTwitterに上げてた証拠写真。 すっかり動揺しまくりの信長くんが強引に次のお題へ進め、(←動揺のあまり、お題を何度も噛んで突っ込まれてた)
タツがサイコロを振って当てたのは平川さん。

「自分が演じたキャラの好きなセリフ」

平川「怜ちゃんの…名セリフも迷セリフもあるけど…『ま”っ!』 (3話)かな、やっぱりw。セリフじゃないし、台本のどこにも書いてないけど。この作品における怜ちゃんの方向性を位置づけたよね、って音響監督に言われました( ̄▽ ̄;)アハハ…」
平川「2話にも少し出たけどメインでがっつり出るのは初めてで。ずっと緊張してて……ほかのひとはみんなキャラが出来上がってて、そのなかに入るわけですから。じわじわプレッシャーかけられるし。そんな状態で収録が進んで…終わりに近づいてきたときにボロって出ちゃった。」
代永「ちゃんとしたのも録ったんですよね。音響監督が『どっち使うか楽しみにしてて』って。で、オンエア見たら『ま”っ!』」
平川「ま”っ!…でしたね……使われないって思ってたんだけど」
信長「平川さん以外は絶対こっち(ま”)だって思ってました! 」

タツ「おれ、平川さんの “スイッチが入る瞬間” がすげえ好きなの。面白い方にも真剣な方にも、突然入るスイッチ」
平川「|ω・`) ……ほんと? 」
↑上目遣いに伺う感じ 超キュートだた…
タツ「ほんと。さっきの凛とやり合うシーン、平川さんはすごく大事にしてて。最初やったとき、聞いてるおれら的にはすごく良いテイクだな、って思えたの。けど平川さんは終わった瞬間、『あ〜っくっそっ!全然っうまくいかないっ』って。台本に集中してるときの平川さんは温厚な普段とは違う、クリエイティブな情熱とか闘争心が垣間見えるんだよ。それは一緒に収録してるおれらだからこそ見える姿なんだけど。超!格好良いんだよ!」
平川「も、もういいよっ(;*´Д`*;)」←超照れてる平川さん

次のお題、平川さんが投げたサイコロで出たのは……
代永「はるちゃ〜ん!」
「アフレコ中の裏話」
信長「!?絶対平川さんが投げて平川さんが出る、って流れだ思ってた!ぼく?!」
Free! についてはいろいろなところで話してるから今さら裏話は思いつかないでしょ、という諸先輩方に
信長「いっぱいあります。Free! はそれだけいろんなことがあって。たとえばさっきの話の続きですけど平川さんは」
平川「もういいってば…(;・∀・)」
信長「平川さんは収録ブースの向こうの監督に誰よりも質問に行ってるんです!」
平川「それは自分(信長くん)じゃないの!」
信長「いえ!平川さんのが絶対多いです! (*`・ω・)b」
↑自信満々で断言
信長「収録前に監督にお話を伺ったとき、平川さんは誰よりもいちばん細かく質問なさってて。感動しました!」
平川「qあwせdrftgyふじkぉp;」←超テレ

信長「他は…宮野さん?」←凛!という客席からの要求
タツ「あいつ基本こうだった」←うつむくジェスチャー
平川「宮野くん、まんまだから」
信長「宮野さんは凛としての役を作ってて(うつむいてみせて)たまに代永さん弄りに行ったり。『ウイング踊ってー』とか」
↑ここでマネージャー諸姉の踊って!コールや連打される正解ジングルに急かされてちょっとだけ代永さんそのときの踊りを披露。
↑フリだけ あんまよく見えなかった…

タツ「あいつ淋しがり屋だから見て見てオーラ激しいんだよ」」
平川「鮫柄チームや雪野さん(天ちゃん先生)は踊って!とか歌って!何かやたら言ってくるんだよね。僕らの収録中もなんかずっと動き回ってて。2期の収録が今から怖い(;‾∇‾)」
代永「一回歌ったことによってスタッフさんが遊び初めて。『ここ歌って下さい』って台本に書いてあるw」
タツ「ちょいちょいこっちのネタをパクってくるよね、Free! スタッフは」

次のお題は
「自分が演じたキャラでお客さんへの感謝の言葉を述べる」

またしても怜ちゃん…平川さんが当たったんですが、さあがんばっていただきましょう!って他の3人が平川さんを残して花道突端へ移動、客席に背を向け平川さんの方に向き直り、腕組みなんかしたりしてじっくり鑑賞…『怜ちゃんの感謝の言葉』を拝聴する体勢を取り。平川さん緊張と照れで心底弱ったように

平川「……やめろよう〜(;˘д˘;)あ〜っ」
↑と弱りつつ必死に“怜の言葉”を考えてる平川さん、「時間引き延ばせ」のサインをw それを見てタツ・信長くん・代永さんが時間稼ぎに出した話題で迷言が…↓
代永「これ、どっかで見た光景だな… ( ゚д゚)ハッ!
中野だ!後ろにフェンスが無いだけだ!」
平川「誰かが落ちていった…」
タツ「愛の巣へwww」
信長「網ドン返し事件ですね!」
代永「宮野くん、初めて焦ったって」
信長「ぼく、初めて女子が網ドンされたときの気持ちが分かった!あれは抗えない!ですよね!?」
↑なぜかタツに同意を求める
タツ「いやおれ網ドンされたことないから (*`・ω・)」
↑相変わらず信長くんにそっけないタツ。冷たーい。好きだー┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

ようやく怜の言葉をまとめたらしい平川さんがスポットライトを浴びて紡いだ感謝の言葉は……

平川(怜)「こんなにたくさんお越し頂いて、ありがとうございます。Free! を愛して下さるそのこころ、本当に…美しいですよ…」

美しいですよ…が本当に甘くて優しくて、二瞬くらいの静寂ののち、こころ掴まれノックアウト食らったマネージャー諸姉の悲鳴と歓声、「すげえ!」「怜ちゃんだあ!」「ハンパ無い!」と、はやし立てる3人に照れまくる平川さんが

平川「さあっ、おまえたちも行っといで!」
と振ってくれたおかげで↓
タツ(真琴)「みんながいつもおれたちを見ててくれてるの、すごく嬉しい。これからおれたちは新しいステージに進む。新しいおれたちを見てほしい。出来たら応援…してほしいな」
↑ひとつひとつ言葉を選びながら、ゆっくり誠実に感謝の言葉を紡ぎ、無意識にウマいこと言って女子をノックアウトする無自覚タラシのまさに真琴でしたね…言い終わって照れまくり。

そして遙。緊張のあまり、水を飲もうとしたけど掴んだそれはタツのペットボトルで。
タツ「おまえの水、これだ。ほらっ」
↑ボトルを放り投げ、信長くんがキャッチ。ってシーンに萌えまくるマネージャー諸姉。
タツ「じゃ、島崎信長がハルとして皆さんに感謝の言葉を述べます。…いくよ?3・2・1・キュー」
↑声音が優しい。信長くんへのキュー出しはいつもタツなんだよね、そういえば。
信長(遙)「…みんなと一緒に、前よりももっと最高の景色を見たい。だからこれからもおれたちを、そしておれを(!)支えてほしい……ちょっと笑われちゃった(;‾∇‾)」

ラスト代永さんもタツがキュー出し。
代永(渚)「みんな、いつもこんなぼくたちを応援してくれてどうもありがとう。でもまだまだスタートラインに立ったばっかりです。これからまだ迷惑をかけると思いますが、応援してくれるとうれしいな。凛ちゃんのことも応援よろしくね(*´∀`*)ぼくらはこれからもがんばっていきます!」
↑気遣いの渚 かわええ…そしてかわええ…(*゚ロ゚)ォォ

とりあえずここまで。
次でラストにしたい。
【2014.05.19 Monday 20:59】 author : あ〜る
| TVアニメ Free! | comments(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする