Free! /OLDCODEX/外事警察/ハゲタカ/山本耕史/新選組!/ …について暑苦しく語る!
 
<< Free! トークイベントレポ その5 | main | ノロウィルスの特徴と対策 >>
Free! トークイベントレポ その6
TVアニメ Free! トークイベントレポ 続き。
最後です。
【エンディング挨拶】

平川さん:
「怜ちゃんは今まであまりやったことのないキャラでとても楽しく、役作りの苦しみも楽しめてとても印象深いです。怜ちゃんは僕の
大事な一部として今も胸の中に残っていますし、残り続けるでしょう。皆さんの中にも怜ちゃんとFree!の世界が残っていったら嬉しいです」

代永さん:
「みんなぁ!楽しかった〜?!(渚のキラキラ&オンマイク声で)Free!は自分の中にいろいろ変化を見つけた作品でした。この作品に出ることが出来て幸せです。次の機会があるなら、もっと大きなステージで皆さんと会えたらいいなぁ」

マモさん:
「(マモ〜!という声援が飛び)
(*゚0゚)おおw マモです!今日はスポーツでしたねw こんな自由でアクティブなイベントも無いですよ!僕らがFree!を愛するが故の仲の良さ、っていうのが皆さんに伝わったと思います。自分のキャラだけでなく他のキャラや色々なシーンについてイイよね、イイよねって語り合える作品ってそうは無いんじゃないかと」

 
タツ:
みんな、今日は楽しんでくれた?(←真琴の声で)皆さんに負けないくらい我々キャストやスタッフもFree!への愛に溢れていて、それがフィルムから伝わるが故に皆さんから愛が返ってきてるんだなと思うと毎回テンションがアガります。真琴から貰った…学んだものは大きくて、いろんなことを知ることができた作品でした。今日のことを思い出しながらまたFree! を見たら音の面での面白さも伝わるんじゃないかと思います。今後のちょっとしたことも見逃さないでいてほしいと思います。」


信長くん:
「ほんとにFree!愛に溢れたイベントでした。こんなセット、ふつう無いです!…倒しちゃいましたけどw (壊したんだろーが!とタツのツッコミ)Free!に関われて本当に良かった。皆さんやぼくらの誰もが熱くて、Free!の名のとおり自由に動き回りつつ、ひとつのところを目指してる。それがこの作品を作り上げたんだと思います。いやあほんと…
きゃはは!
 
信長くん、本当にきゃはは!って笑ったんですこのとき!
超かわいい笑い声で場内騒然。口押さえてジタバタしたくなる可憐さ。客席からは「かわいい〜っ:+.゚(*´□`*)゚.+:ダハァァァ」と悲鳴が飛び交い、他のメンバーは一斉に「おいおい…」「きゃはは!って」「男がきゃはは!っていうの初めて聞いた…素だもんな、あれ」「びっくりした〜夢の国かと思った…」と突っ込みつつ、悶えておりましたなw うん、あれには参る…悶えるわ…ヾ(:3ノシヾ)ノシ

【「遙」からメッセージ】
遙「おれはみんなが大好きだ。どうかこれからも末長くFree!を…おれたちをよろしく頼む。そしたら…見たことのない景色、見せてやる!」

【特別編集メモリアル映像】
 京都アニメーションがこのイベントのために作ったメモリアル映像を最後にいっしょに見ましょう、ということに。
「あのときの景色、もう一度見せてくれ。何が見えたか忘れちまったから」
という遙のナレーションで
スクリーンに映し出されたのはセピア色のフレーム。
その中で幾つもの懐かしいシーンが同時に(動画で)展開される。

メンバーもマネージャーも静まり返り、ときおり「すげえ…」と感嘆の声を漏らしながらスクリーンを見つめる。
映像はほんの短いもので、あっという間に終わり、フレームからキャラクターの姿が消えて(ああ、これで終わりなのか…)と一抹の淋しさを感じ……ていたんだけど。
 終わったと思った映像はまだ終わってなくて、スクリーンは何かを映し続けている。
新しい始まりを予感させる「Ever Blue」のイントロが静まり返ったホールに流れ、え……?と思った次の瞬間、

「約束通り、来たぞ」
遙の声が響く。
スクリーンには引き締まった表情で前をつよく見据える真琴、渚、怜、凛。
その中央に、スタート位置に着いて今にも飛び込みそうな遙の全身。

鮮やかなフルカラーの絵に
「Free!第2期制作決定!」
の、大きな文字が!

絶叫するマネージャー一同、
スクリーンを呆然と見上げて
「ええええええ〜〜っっ!?」
「聞いてねえ!」
「知らないよ、何これ、知らないよ?!」
「うっわ、鳥肌たった…w」
とステージ上をうろうろと落ち着かなげに行ったり来たりするメンバー。知っていたのかどうなのか、

「きゃははははは!」と興奮しきった可愛らしい高笑いを響かせる信長くん。回ってきた手書きメモには
京都アニメーションからのコメントが。
「Free!が再び帰ってきます。細かいことはまだ何も決まってません。詳しくは公式ホームページで!」

進行役の信長くんが
「というわけで!Free! 第2期制作決定!!」
と高らかに宣言すると、
パン!と乾いた音とともに銀と青のテープが射出され、
会場を埋め尽くすマネージャーたちの頭上に降り注ぐ。

 
オープニングと同じくRage on off vocal ver. が流れ始め、興奮してあれこれ勝手に喋っていたメンバーに信長くんがマネージャーたちへの挨拶を促す。

平川「またみんなと…今度は凛さんとも一緒に泳げるんですね…?」

代永「みんな!やったね!! (渚)皆さんが第2期を要望してくれたおかげです。また渚を演じられると思うと嬉しいし、ストーリーがどうなるのか、凛ちゃんとどんな勝負をするのか、明るいハルちゃんは来るのかw 皆さんと一緒に楽しみに待ちたいです。僕らも頑張ります!」

マモ「はあ……やべえ何も言えねえ…言えねえけど超気持ちイイ!約束通りみんなにまだ見たことない景色、見せてやるよ!(凛)」

タツ「みんな!また一緒に泳げるよ?今度はおれたちがみんなに見たことのない景色、見せてあげるから!(真琴)…ほんと嬉しいし、超アガる!いつまでもこの絵見てられる!みんなで勝ち取った2期だよね。約束します。ぜってえすげえもん作ります!期待して待っててください!

信長『だから言っただろう?
見たことのない景色、見せてやるって(遙)』

本当に皆さんのおかげ、絆の勝利です!
皆さんにお返しするためにも、
ぼくたちのためにも
最高を超えた最高なものを作りたいと思います!」

改めて遙から挨拶を…という信長くんにタツとマモさんが待ったをかけ、あのセリフを皆で唱和することに。
信長「見たことのない景色、」
客席「見せてくれ!」
5人「見せてやる!」

まだ興奮冷めやらぬメンバーが客席のマネージャーたちにお礼を口にしていると、感情が昂ぶり思わずといった様子でタツが再び流れ始めたRage onの歌詞を口ずさみはじめる。アニメ版歌詞を1コーラスだけ、楽器もバンドメンバーもいないステージで、満面の笑みを浮かべでグダグダになりながら。
メンバーもマネージャーたちも嬉しそうに歌うタツを見守る。
手拍子したり、いつの間にか取り出したサイリウムを振りつつ、嬉しさをかみしめながら。

退場するメンバーを見送ったあと、ホールをあとにすると2階ロビーには京アニイベントで初展示された各キャラの等身大パネルが。
外に出ると、モニタースクリーンで見たばかりのFree!第二期キービジュアルのポスター!(Free!公式サイトで見られます)

本当にいろいろあって、大変なこともあったけど『Free! 愛にあふれた良いイベントだったよ』…マモさんが言った、このひと言に尽きます。それ自体の楽しさと第二期への期待で大満足なFree! トークイベントでした。

Free! 第2期キービジュアル
【2014.02.03 Monday 02:43】 author : あ〜る
| TVアニメ Free! | comments(2) | pookmark |
この記事に関するコメント
>いちかさん
ありがとうございます!
1週間もかかってしまってすみません (; >д<)
自分でも思い返してはニヤニヤしてますw
いいよねFree!…キャストがみんなFree!に深く思い入れてるとこがまたなんともいえなくて。
2期に向けてまたいろいろイベントやグッズ展開があるだろうけど、可能な限りおっかけますわw
そしたらまたレポここにあげるのでよろしくお願いします!
| あ〜る | 2014/02/04 12:38 PM |
あ〜るさん素晴らしいレポをありがとう〜!!!
これはもうレポートじゃないよ、論文だよ!初めから終わりまでわかりやすく、その場にいるかのように妄想出来ました。顔がにやけちゃって、キャ〜キャ〜言いながら拝読させていただきました。
もう、こう、どうしてFree!とあの中の人たちの事を考えてるだけでこんなに幸せになるものかwww 読ませてもらえてとてもHappyです。ありがとうございましたー┏O)) アザ━━━ッス!
| えみイチカ | 2014/02/03 1:55 PM |
コメントする