Free! /OLDCODEX/外事警察/ハゲタカ/山本耕史/新選組!/ …について暑苦しく語る!
 
<< Free! トークイベントレポ その2 | main | Free! トークイベントレポ その4 >>
Free! トークイベントレポ その3
TVアニメ Free! トークイベントレポ 続きです。
 
【見たことのあるシーン、見せてやる!】
5人が選んだお気に入りのシーンを皆で見ようというコーナー。セット背後上方に吊り下げられた大型モニターに映し出され、キャストも一緒に映像を見てコメントする。
*信長くん:
11話、大会前夜のホテルで遙が「お前がいてくれて良かった…ありがとな」と真琴に伝えるシーン

信長「どうしたら真琴を驚かせられるか、って話になって」
タツ「ここなぁ…(感慨深そう) 台本では全然違うセリフで。真琴がよりびっくりする、よりグッとくるセリフは無いだろうか、って監督に相談して」
信長「結局最後に録った記憶があります」
タツ「そうそう。Aパート収録中には良いのが出てこなくて、最後にセリフ提案して録り直させてもらったんだよね」
信長「アドリブも含めて皆で現場で作っていったのがFree!の特徴かな」
平川「スタッフの皆さんも柔軟に対応して下さったよね」
タツ「演技するうえで大事なことを意見させてもらったり、そうすると『じゃあこうしましょうか』とか『ここはこういう意図があるのでこのままで』ってなったり。すごくクリエイティブな現場だったね」

*タツ:
祭りの夜、小学校のプールを金網越しに見つめながら凛が遙たちと泳いだリレーを回想しているシーン

(マモさんがセットの金網にしがみついて小芝…シーンを再現して笑いを取る)
タツ「ここ、すげえ好きなんだよね…真琴の思いであり凛の思いでもある『皆で泳ぎたい』ていうのを象徴してて。このFree!という作品自体を象徴するキモの部分でもあるし。単純に子供がいっぱいで無邪気にキャッキャしてるのが楽しいっていうのもあるんだけど」

相変わらず金網裏で凛のイジイジ小芝居してるマモさんにタツが真琴の声で呼びかけるんだけども、その声の「やさしい甘さ」…特に『凛』と名前を呼ぶ声音は全力で逃げ出したくなるほど。

タツ「凛… 凛?」
 
↑単に呼びかけるだけでも抜群の破壊力
マモ「う、うるせーっ」
 
↑もだえつつ抵抗を試みる凛
タツ「り〜ん?」
 
↑なだめる。しょうがないなあって微笑んでるイメージ
タツ「みんなで泳ぐ楽しさを教えてくれたのは凛、おまえだろ?」
 
↑おまえだろ?の甘味度200%。破壊力凄まじい
マモ「〜〜〜っっっ(*´Д`*;) …あ、ありがとな…」
 
 マジでこのひと(タツ)からこんな甘い声が出てくるのが目の前で見てても信じられない…OLDCODEXライブではイケイケドンドン、オラオラ声(個人的見解w)だし。よく聞いているドラマCDもそういうのが多いし。実は腹話術で後ろに真琴がいて声出してるとか言われたらあっさり信じてしまいそうな意外性。確信犯的エロ声以上の破壊力。後で出てくる「叱る声」も含め、長らく真琴とがっつり話すことがなかった凛には真琴の呼び声は強烈過ぎてひとたまりもないだろう…多分。←何がw

「すげえな…」
「すごいだろ」
「なんだあの破壊力 いつの間にあんなんなったんだ…」
「おれなんか毎日聞いてる」
「…なんで自慢げなんだよムカつく」
「ふふん(゚ㅂ゚)←自慢げ」
「ムキーッ!勝負だハルッ!ゴ(# ゚Д゚)ルァ!!」
「はいそこケンカしない (´・ω・`) 」
「真琴!だってハルが(# ゚Д゚)」
「……り ん?(^ω^)」
「…Σ(;;ΦωΦ;;)ヒッ」

…て凛と遙が額を突き合わせてコソコソ、そこからのバトル発生、真琴が仲裁に入って叱られて凛赤面爆死、ってところまで絵が浮かぶんですがそれはまた別の話。脱線したw
いやあええ仕事見せてもろたわ…(感慨深い)

*マモさん:
最終話、凛がボロ負けして姿をくらましたのを追いかけ、揉み合った末に遙が凛に手を差し伸べるシーン
感動的なシーンなのにマモさんのリアクションのせいか、客席には笑いが。

タツ「ヒロインだよね〜w」
 注)手を差し伸べる遙を見つめる凛は風になびくサラサラヘア、舞い散る桜花のイメージ映像付、というヒロイン御用達演出…

マモ「いちばん好きなのはハルちゃんのケンカスキルですね!凛の渾身のパンチを横から受け止めたもん。強っw正直びっくりした。パシッてすげえ良い音したし」
タツ「動体視力めっちゃいいよね〜」

マモ「ずっと凛ちゃんは目が暗いんですよ…瞳の奥に抱え込んだものを抱え込み続けた話だったし。それが、元々は自分が言い出した言葉『For the Team』があそこでハルの口から出てきて、それが引き金に鳴って凛の思いが溢れ出る重要なシーンなんです。抱えてるのは青臭いものなんだけど、払拭することも出来ず誰かにすがることも出来ない。凛を演じていると色々な気持ちになれて、それが楽しかったなあ」

信長「島崎信長としても遙としても『凛を助けたい、救いたい、笑ってほしい』という思いが前面に出たシーンです。でも演じてるときは客観的に見れなくて、あれで凛は本当に救われたんだろうか?ってずっと引っかかってたんです。最終回をオンエアで見たり、DVDのコメンタリ収録で真守さんのお話を聞いて救われたんだって初めて分かりました。凛が最終的に笑顔になれたシーンですよね」

マモ「あざーっす」
 ↑凛とマモさん双方が言っているような口調

*代永さん:
11話、大会前夜、遠征先の公園で遙が渚に初めて感謝を伝えるシーン

代永「やっとハルちゃんが渚にありがとう、って言ってくれて、演じてて嬉しかったシーンです。でも11話で初めて「ありがとう」って遅くない?マコちゃんはずっと言ってくれてるのに!(笑) あと渚が初めて弱みを見せたシーンでもあって。眠れなかったとか、緊張して失敗したら…とか不安を初めて口にする。渚と遙がここでやっと繋がって、やっとひとつのチームになれた。ぼく自身も渚とリンクしたシーンでした」
タツ「渚はおとなだよ…」
マモ「おとなだね…」
タツ「結果的にここでもハルを励ましてるし」

ここでタツが妙な…ある意味非常にタツらしい発言を。

タツ「真琴と遙、そのあと怜と渚のシーンで収録前テンション高くて妙に気合い入ってたんだよ。で、
 『よ〜し、やるかあ!ベッドシーン‼︎ ε=(。・`ω´・。)』って。
 そしたら平川さんが」
代永「『じゃ、がんばっちゃおうかな⁈ ( ゚∀゚)』」
平川「『みたことない世界見せてやる!(*゜∀゜)=3』」
タツ「妙にエロくなったよねw さすが職人芸www」

 注)真琴と遙、そのあと怜と渚のシーン:双方とも遠征先ホテルの部屋でツインベッドにそれぞれ入って寝入る前に言葉を交わすシーン。

*平川さん:
11話で鮫柄学園に出向いた怜が凛に詰め寄る激情シーン

怜の激情をぶつけられまくった映像を改めて見て
マモ「腹立つ〜っ(#^ω^)」
 
↑心底ムカついた凛が憑依
平川「……ごめんね? (;´∀`) 」
タツ「ここ凄かったよね…」
信長「凄かった…」
タツ「ふたりがバチバチで、スタジオの温度が超高かった!」
信長「最初のシーンのドあたまから温度高いとこ見せられて」
マモ「…は ら た つ 〜っ(#^ω^)」
 
↑執念深く繰り返すマモ凛さん

マモ「いきなり来て、わーって言われて。触られたくないところ触られて」
平川「たかだかブーメランメガネにw (;´∀`) 」

 注)ブーメランメガネ:怜のこと。怜の最初の水着は渚に借りたペンギンイラスト入りのブーメラン型水着(ビキニタイプ)。鮫柄との合同練習で披露し、凛も見ている。ブーメランを履いたメガネ、という怜の代名詞。

マモ「でもあれで凛は考えるきっかけをもらったんですよね。リレーや遙たちが自分にとってどういう存在なのか」
平川「怜としては知りたいだけなんだよね。なんで?(今さら遙をつつくのか)という凛への疑問だけで鮫柄まで行って。面白いくらいボロボロボロって言葉が出てくる。収録は正面の絵に向いて(マモさんとは)横並びで録ってるのに、向かい合ってるみたいに凛のプレッシャーがぶわーってこっちに来る。…楽しかったな〜」
マモ「楽しかったですね〜」
平川「怜として気持ちは複雑なんだけど、あそこは役者として本当に楽しい仕事だったね〜」

タツ「見ててふたりが羨ましかった…すごいいいな〜って思った」
マモ「タツあのときボソっと言ってたよね羨ましいって」
代永「ぼくも羨ましいですよ…ぶつかり合う芝居、舞台を見てるみたいだった。たっつんと『あのふたりの芝居、いいよね〜』って話してた。遙と凛がぶつかるシーンも好きだし」
マモ「ぶつかるシーン、渚には無いからね」
代永「このチームだからこそ(ぶつかる芝居を)やってみたいんだよね…」

マモ「やる?台本無いけど。俺とぶつかってみる⁈ 」
やけにウキウキしたマモさんが火をつけて代永さんとタツが「怒る芝居」を披露することに。

代永『…なんで!? ぼくは一生懸命やってるのに!もうやだっ!!』
……描写するなら“激オコぷんぷん”って感じの怒り方で何というか…「かわいかった…」「怒ってもかわいい」と皆さん口を揃えて。
平川「渚は怒るシーンがほとんど無いからインパクトあるよね〜」

タツ「怒ったマコちゃん?
 そうだな〜真琴はすごく冷静に怒りそう。
 『ハル?怒るよ?』」
 
↑声を荒げず、最小限の言葉で平坦に端的に
マモ「Σ( ̄□ ̄;)!! うおっ 超こええっ!
 優しいやつが怒るとこえ〜なっ」
信長「(;・∀・)ァ…遙すぐ謝っちゃいます…」
タツ「ひと言で収める。
 たとえば凛が何かやらかして騒いでたら
 『…り ん?』」
マモ「 Σ(||゚Д゚)ヒィィィ! こえええぇーっ!」
……言葉数少ない分よけいに怖さが際立つ真琴。
加えて、怖いのに平伏したくなるような色気が…(*´∀`*)

このあとマモさんがやはりノリノリで
「蘭ちゃん(真琴の妹)やるから兄として怒ってみて!」と
利かん気な蘭を。
タツ「めんどくせえ…(#^ω^)
 うちのこはこんなわがままじゃありません!」

その4へ続く。
【2014.02.03 Monday 01:21】 author : あ〜る
| TVアニメ Free! | comments(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする