Free! /OLDCODEX/外事警察/ハゲタカ/山本耕史/新選組!/ …について暑苦しく語る!
 
<< 「RESCUE 特別高度救急隊」に友情出演 | main | NHKで再放送される基準 >>
あけまして。 正月時代劇と新聞ネタ。
おめでとうございます。
更新サボりがちですが、よろしければ今年もよろしく。

元旦の「スタジオパークでおめでとう」、
どこの中学生だ!と思わず目をこらしましたよ… イヒヒ
なんだか髪がくりくりしてた。
何かの役のためか?
正月時代劇、冒頭のてんぷら屋台でぺろりと
(自分の!)指を舐める磐根さまの舌と指にクラクラ萌え萌え…っ ラブ
あー、正月から心臓に悪い…_| ̄|○
おこんさんを見る目が今までとちょっと違いましたね。
視線に遠慮や照れが無く、“愛おしい”光線最大出力放射。
今まではあんなにしっかり目線を向けてなかったと思う。
過去の許嫁とも決着をつけ、本人同士の気持ちを確かめ、
双方の親の承認も得て遠慮無く存分におこんさんに
愛情を注げるようになった磐音の自信か?
いやー、相変わらず演技が細かい!

速水さま登場!これはシリーズ第3弾への布石かしら。
んで日光社参・家基さまの話に入ってくれないかなー。
家基さまにはぜひ神木くんPlease ラブ

そうだ、「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ最新刊、
第28巻『照葉ノ露(てりはのつゆ)』の発売が
1月16日(一部地域を除く)の発売で決定したそうです。
前巻のタイトルが「石榴ノ蝿」で今度が「照葉ノ露」…
そろそろ家基さまが?
やだな…。でも歴史は覆せないし。
けど、やだ。


以下は山本さんネタじゃないのですが、
年末の新聞でちょっと気になったネタ。

まずは「大河ドラマの主役にしたい人物と役者」
(2008/12/29 朝日新聞)。

いろいろなひとがいろいろな案をあげてたんだけど、その中に

  • 松平容保を片岡愛之助で
  • 戦国の九州3大キリシタン大名を北村有起哉と古田新太で
  • 尾形光琳・尾形乾山を松田龍平・松田翔太で

というのがありまして。

容保さまは生粋会津人じゃないので、そのことでも苦労してるし、
病弱なのに京都守護職を引き受け(させられ)たり、
引き受けたからには、と一所懸命仕事したのに幕末は反逆者扱いで、
明治になってからもいろいろ苦労して。
ドラマにするにはもってこいの波瀾万丈人生。
でもそれをラブリンで、てのはなぁ。
ラブリン、見た目も中身も「いいひと」だから
はまりすぎてて返って面白味に欠けるんじゃないかな?と。
山本さんにも同じこと希望してるんだけど、「いいひと」じゃなくて
「わるい」もしくは「抜け目ない」アクの強い役が見たい。
見た目を裏切る魅力を開発して(されて)ほしいな。

キリシタン大名を北村有起哉で、てのは
ただただ「SP」で声と演技に痺れた北村さんを見たいが故。
山本さんやラブリンとは逆に「いいひと」、というか
ヒーローとしての活躍が見てみたい。
もちろん、単純な「いいひと」ではない、
ひと癖もふた癖もあるヒーローとして。

尾形光琳・尾形乾山を松田龍平・松田翔太で、てのは
単にこの兄弟が気になってしょうがないから。
兄貴は「ハゲタカ」「あしたの、喜多善男」で、
弟は「薔薇の無い花屋」「篤姫」で惚れ込みまして。
圧倒的で硬質な存在感と迫力を持つ兄。
「万人の弟」みたいな人なつこさ・柔らかい品の良さと
タラシっぽいフェロモンが同居してるような弟。
このふたりをがっつりセットで見てみたい。
役どころは何でもいいんだけど。
芸術家でも良いし、結果的に対立して殺し合う武将の兄弟、でも。

ずっと前に弟がゲストで出た「食わず嫌い対決」で、
「けんか?しますよ。家族総出で。
俺が負けたら兄貴が出てきて。
兄貴が負けたらお袋が出てきます。」

って話してたのがすごく印象に残ってて。
なんだろう、「単純に仲が良い」のでもなく、
「結束力が固い」というのか「信頼感が強い」というのか…。
母・兄・弟3人でいろいろなものと闘ってきたんだな、と。

そういえば兄貴は大河『天地人』に伊達政宗役で出演でしたね。
それと1月24日公開の映画「誰も守ってくれない」の
スペシャルドラマ映画と同様に佐藤浩市と競演!
これは見なくては・・・。
 ↓
土曜プレミアム「誰も守れない」(フジテレビ系)  
2009年1月24日(土) 21:00〜23:10 O.A
出演:佐藤浩市、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、藤本美貴、成宮寛貴、他

ドラマは、映画で起こる事件の4ヶ月前の設定で
“加害者側の保護”をテーマにした映画とは逆の
“被害者家族の保護”をする佐藤浩市と松田龍平の
刑事コンビを描いています。
劇中では描ききれなかった2人の関係が明らかに・・。
佐藤浩市×松田龍平の絶妙なコンビをお見逃しなく!
from ryuhei-matsuda.com INFORMATION

同じ日の朝日に出てた新聞広告クリエーティブコンテストの結果。
テーマは「愛(LOVE)」。
私的にグッと来る作品が二つありました。

【デザイン賞】
愛は大きすぎると、ときどきわからない。

【学生賞】
だれかぼくのなまえを呼んで
【2009.01.05 Monday 02:45】 author : あ〜る
| 山本耕史 | comments(6) | pookmark |
この記事に関するコメント
>蒼さん
保科正之、名君だったんですね。自分でも検索してみたんですが、家光の異母弟でありながら、驕らず、出過ぎず、謙虚で、かつ気配りも出来て、民のこともよく考えてて。って、そりゃ関連地域からすれば大河にしてほしいだろうなあ。けど、私的には「いいひと」すぎてドラマにするには物足りない、というか…。生い立ちの複雑さや本人の資質を変に誇張したり歪めたりすることなく、島原の乱や由比正雪の乱も絡めて、かつ生きている人間としての苦悩や葛藤、生々しさを上手くブレンドできれば、大河に出来なくもないかな、とも思います。もちろん脚本と演出が重要なのは言うまでもないけど、演じる役者も「正統派いいひと」に見えるひとじゃ、退屈かも。いっそ、すごいアクの強い役者を持ってきて、人物設定も「実は負けん気が強く、自分を翻弄する環境や周囲に対して怒りを持ってる」キャラにして、それがどのように変化していくか…てなふうにすると面白いかも。名君になりそうにない、ひねた生意気な子供がいろいろな軋轢や試練、自分自身を乗り越えて、結果的に名君になる、って筋なんかはいかがでしょ?
| あ〜る | 2009/01/21 1:20 AM |
またお邪魔します。
保科正之は徳川秀忠の三男として生まれたけど、なんせ母親が正室のお江与の方じゃなかったんで、生まれてくる前に母子共々あの世に送られてしまう危機があったそうです。結局保科正光の子供として育てられるんだけど、秀忠の側近などごく一部しか「ご落胤」の事実を知らなかったらしいです。秀忠の子というのが公になったのはお江与の方の死後だったかな? 家光には信頼されて、四代将軍家綱の治世を支えた人物です。
まあ、出生のあたりは面白そうかも。本人より親とか兄弟のほうが色々とインパクト強いんでどうなんだろう? 島原の乱とか由比正雪の乱とかが起きた時代でもあるし、そういうとこ絡めりゃ大河にできないこともない!?
それから、大河ドラマに!と頑張ってる地域、署名と嘆願書やなんかをえぬえいちけいに出したそうです。
| 蒼 | 2009/01/17 9:29 PM |
>蒼さん
おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
いやー元旦のスタジオパークのあの方はかわいらしかったですねっ。
鬼の副長にもセクシー浪人にも見えなくてよ。
ほんと、どこの中坊かと。
観る側を裏切るくらいの役…うん、そのとおり!
見た目通りの役って、何度も見ると退屈…いやいや。
もっとアグレッシブな役者になってほしいなあ。
容保様なら、かえって北村さん…おおっ、黒い容保様!
予想ができなくて、すごく面白そうですよ。
病弱をバネにしたアグレッシブ守護職。いいねー!
単純な悪役・単純なヒーローでもない面白いものになりそうな気がします。
保科正之を大河ドラマに!って、どっかで聞いたことがあります。
会津の初代藩主ってことぐらいしか知りませんが。大河にして面白そう?
| あ〜る | 2009/01/06 1:06 AM |
>ガーフさん
おめでとうございます。今年もよろしくです。
2009年の私は元旦から腐りきっております。
舞い戻った腐海に深く沈んでおります。
ま、そのあたりのことも近々カミングアウトいたしまする・・・。
こちらこそ、お見捨て無きよう!
| あ〜る | 2009/01/06 12:51 AM |
あ〜るさん、あけましておめでとうございます。
今年もあほなコメントをするでしょうが、どうか広い心でよろしくお願い申し上げまする。
「スタジオパークからおめでとう」は何だかかわいいビジュアルだ〜と思って観とりました(笑) 鬼の副長やら昭和の刑事やらを演じた人とは同一人物とは思えないくらいでした(爆)

「大河ドラマにしたい人物と役者」、なかなか面白いことやるんですね〜。
>「わるい」もしくは「抜け目ない」アクの強い役が見たい
ラブリンも山本さんでもこういう役を観てみたいんですよ。観る側を裏切るくらいの役をねー。
容保様なら、かえって北村さんのほうが観てみたいかも。古田さんも「組!」での有馬さまみたいな役を大河では観たいなと思うんですよね。
松田兄弟で尾形光琳・乾山というのは実の兄弟だからこその面白さも出るかもしれませんねー。実際の尾形兄弟は、兄貴のほうが遊び人だったようですが(笑) 
大河といえば、ウチの県某市において会津と連動して、保科正之を大河ドラマに!という動きがあるそうな。実現したら、知ってもらえる好機とはなるんでしょうがねぇ。どうなることやら。
| 蒼 | 2009/01/05 10:08 PM |
あ〜るさん、あけましておめでとうございます。
今年の正月もどこにも行かず、硬軟取り混ぜて読み倒しの三が日を過ごしたガーフです。
おかげで仕事始めの本日、腰痛です(笑)。
などと、新年早々軟弱さを露呈してしまいましたが、今年も不肖の弟子をお見捨てなく…。
よろしくお願いします。
| ガーフ | 2009/01/05 1:08 PM |
コメントする