Free! /OLDCODEX/外事警察/ハゲタカ/山本耕史/新選組!/ …について暑苦しく語る!
 
<< 新宿へ! | main | 今さら山本耕史講演会@文化女子大文化祭 >>
カリフォルニア物語by吉田秋生が舞台化!
1ヶ月近く地下に潜ったきりで、
レポも何もほったらかしです・・・
ううう、すみません…持病の癪が。(←まっ赤な嘘)

FCに入ってるスタジオライフから次回公演のお知らせが来ました。
2008年2月27日〜3月9日、天王洲の銀河劇場にて
吉田秋生の初期の名作「カリフォルニア物語」を舞台化するんですと!

カリフォルニア物語 (1) (小学館文庫)
吉田 秋生 小学館 (1994/11)売り上げランキング: 36534


2公演ほどライフの舞台はご無沙汰してたんですが、
これは見に行かねばなるまいて。

ちなみにクアドラプル・キャスト。
役者の組み合わせが4通りある、ってことです。
しかも、ライフ以外の客演キャストがこれまでになく多い。
以下、キャスト抜粋。
赤字:スタジオライフ劇団員
青字:客演俳優

ヒース:岩崎大林剛史
イーヴ:中川慎吾(D-BOYS)松本慎也
テレンス(ヒースの兄):三上真史、HILUMA(LEGOLGEL)
スウェナ(ヒースの彼女):及川健伊礼彼方

シャーロット:吉田隆太多田直人(キャラメルボックス)
スージー:仁田宏和、栗栖裕之
ケーシー:金景太、三浦孝太
アレックス:荒木健太郎兜政孝
リロイ:野島直人、廣谷航
インディアン:曽世海児佐藤滋
マイケル(ヒースの父):石飛幸治藤原習作
ブッチ:tekkan、カサノボー晃

他、スタジオライフ劇団員

ライフの公演ですから、女性の役もすべて男性が演じます。

ざーっと客演の方々を検索してみたら、テニプリキャストや四季や
レ・ミゼラブル出演者とか、いろいろ。
ライフの出演者の方が少ないかも・・・(^^;

一番気になるのは脚本だけど、ここの脚本家兼演出家の倉田淳氏は
長い原作を、原作ファンのツボをきちんと捉えてまとめるのが上手い人。
なので、あまり不安はないのだけども。

この長い作品のどこを取り上げて、どこを刈り込むのか難しそう。
まあ、ヒースの家族関係(父・兄・自分)、それと
ヒースとイーヴの関係の2本が大きな軸になるんだろうな。
ヒースの家族関係を描くなら番外の「夢の園」も取り入れるか?

ぼちぼちあちこちでチケット予約が始まってます。
一般発売は12月15日(土)。
S席6500円。

4人編成のバンドを入れてミュージカル仕立てにする模様。


2月には大森南朋さんが出演する舞台「恋する妊婦」もあるので、
スケジュール繰りに悩まなくては・・・
うーん。
【2007.11.30 Friday 23:32】 author : あ〜る
| スタジオライフ | comments(2) | pookmark |
この記事に関するコメント
夢弥さん、ご無沙汰してしまってすみません!
やっと講演会レポ、アップしました。遅すぎ…(^-^;
2月はいろいろ舞台があってスケジュールに悩み中です。
大森南朋さんの舞台は初めてだし、滅多にないから見ておきたいけど
カリフォルニア物語も見たいし。しかもこの二つが微妙に日程がダブらない。
博多座もありますね。2月に東京2回・博多1回なんてのは…うーん。
博多座の演目はあまり食指が動かないな…って思ったり。
身毒丸は広島に来てくれたらなあ…ニナガワ苦手。
ぼちぼち更新していきますんで、ヨロシクです!
| あ〜る | 2007/12/03 12:52 AM |
こんにちは〜ご無沙汰しています
あーるさんなかなか更新して下さらないので
どうしたんだろう??って思っていたのです(T_T)


2月はあちらこちらで色々舞台があるんですね〜
博多座では愛之助さん出演の歌舞伎があるし
東京では大森さん(これは知りませんでした〜
)大阪では2月末から3月始めに藤原竜也くんの身毒丸(これには
行きたかったのですがチケット争奪線に敗れてしまいました。。。)

大森さんの舞台の感想の報告待っていますね〜(^^♪
| 夢弥 | 2007/12/02 2:05 PM |
コメントする