CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
MAIL
MOBILE
qrcode
OTHERS
COUNTER
ブログパーツUL5
<< 乗り間違えた・・・ | main | 新宿へ! >>
山田刑事@大森南朋を堪能。
大森南朋ファンが大挙して札幌に上陸したその日、
(映画イベントでゲスト出演したらしい…)
私は山田刑事に会うべく中国道を北上していた。

目にはスタルクアイズP0001-24サングラスヴァージョン、
BGMはもちろん「ハゲタカ」サントラ。

途中、演習帰りの陸自装甲車とすれ違ったりして
無駄に緊張感を高めつつ、三次へ車を走らせる。
気分はすっかり三島製作所に向かう鷲津政彦。
マセラティ(鷲津の自家用車)じゃないけどさ。

周防監督トークショー@呉の記事

今日の朝日新聞(広島版)に10月27日(土)の
周防監督トークショー@呉の記事が出てました。

行ってきましたよー、呉と三次、両方の
「それボク上映会と周防監督トークショー」。
トークショーは三次だけだけど。

私はこのトークショーが終わった後に到着したので
この記事の様子は見てません。
取材が入ってたのね。

27日に呉での2回目の上映を見て(上映前に周防監督の挨拶が!)
28日は三次で1回目上映+トークショー+2回目上映のフルコース。
三次では監督サイン入りのパンフもゲット。
東京の公開初日に見に行って、パンフもシナリオも入手済なんですが、
ついまた買ってしまった…(^^;

トークショー@三次は大変面白かったですよ。
あとでパンフを読み返してみたら
ほとんどそこに書かれていたことなんだけど、
監督が直接話しているのを聞くのはインパクトが違うし。

トークショーの内容については明日にでも書こうと思ってるので
今日はごくごくオタクな感想だけ。(もう朝だし…)
今年一月に見たそれボクの上映会に行ったのは、
公開時にはその存在を知らなかった山田刑事@大森南朋を
じーっくり見ること、が大きな目的のひとつ。

鷲津とはもちろん全然違うんだけど、というか
違いすぎてハゲタカを見たときも思い出せなかった。
それが「大森南朋」という役者の凄いところなんですねー。
自分の色をまったく主張しない役者。
それがこのひとの最大の「特徴」というか「色」なんだけども。

「個人の色」の消し方に
思いっきり「大森南朋の色」が現れてる、
と言ったのはハゲタカスタッフだったっけ?

ジャンパーで無精髭で色も黒くて1:9分けで、
怒鳴ってシャウトして平気で嘘ついてしれっとしてる。
「いいかげんさ」と「正義感の強い熱血刑事」の両面を持つ。
そして情に流される。それに気づきもせずに。

単純な悪役じゃない、でもどこにでもいる極めて普通の人間。
素の「大森南朋」も「鷲津政彦」も全く感じさせない。

で、いや〜んな熱血刑事なんだけど、
ファンだけど腹が立つくらいいい加減で卑劣なんだけど、
無闇に声が良いところに思わず(当然?)萌え萌えっっ(^_^;

第二回公判で証人として出廷したときの低い落ち着いた声とか、
捜査の不手際を指摘されて内心焦ったときの僅かに口ごもったとことか、
徹平を取り調べてるときの甲高いシャウトする怒鳴り声とかラブ

取り調べを先輩刑事と交代したとき、ドア前に立って
徹平を見るときの眉と目の動き。
伏せていた視線を徹平に向けるとき、
まず先に眉が上に動いて、そのあと目が上向くのだ。
大森南朋さん独特の仕草。
(これはハゲタカでも見たことがある・・・はず)

内容が重いし、三度続けてみるのはどうかな…?と
内心ちょっと気が重かったんだけど、
見れば三度とも見入ってしまいましたよ。
それには映画の見事さだけじゃなくて
山田刑事の存在も(私には)大きかったのよ。

得体の知れない魅力があるなあ、大森さんは。

パンフには主要役者を起用した理由が書かれているんだけど、
山田刑事@大森南朋さんの「起用理由」は無くて。

是非とも聞きたかった・・・!
どういう風に演技指導したのかも聞きたいなあ。


あ、達雄は何度見てもなごみますね。
必ず観客の笑いを取ってるし。
観客の憤りや戸惑いといった感情を代弁する役回りもあったんでしょうね。
そして達雄はニット帽かぶんないほうが良いっ!
帽子、邪魔!
帽子かぶんないと徹平より目立っちゃうからかな?
存在感ありありだしねー(^^;

| TV・映画 | 04:58 | comments(1) | pookmark |
コメント
おじゃまします、呉映サのかっしーです。

「それボク」お越しいただいてたんですね^^有り難やー
2回目ということで、とっておきの舞台挨拶聞いていただいたのですね。
それにしても見事な山田刑事描写、敬服いたします。
スタッフ打ち上げの時に山本耕史さんの判決の時の叫びが見事だったという感想に一同納得してました。あの一瞬、小日向裁判官は怯みましたものね。

三次のトークショーの様子もお教えいただけると・・・

TB貼らせていただきました。これからもよろしくお願いします。
| かっしー | 2007/10/29 8:24 PM |
コメントする