Free! /OLDCODEX/外事警察/ハゲタカ/山本耕史/新選組!/ …について暑苦しく語る!
 
<< 恋におちたら 第10回「告白」の完結予定。 | main | 恋におちたら 第11回(最終回)「ヒルズに恋して」 >>
恋におちたら 第10回「告白」 今度こそ完結。
七海と会った帰り道、ふとあるビルを見つめ、中に入っていく島男。
広いエントランスホールで島男が見たのは、会社の会長や社長と
思しき一団を追いかけ、頭を下げ、食い下がる高柳の姿だった。

なりふりかまわず再起への道を切り開こうとする姿は、
キザとイヤミ、自信と傲慢を混ぜ合わせたような以前の高柳からは
想像もつかないくらい、かけ離れている。
七海の温かい手があったとはいえ、フロンティアを失ったショックや
乗っ取った会社の経営者だった知人に刺されたという心身の傷を
癒して自ら立ち直った高柳。
今、行く先々で冷たくあしらわれながらも何とか這い上がろうとして
もがく。その姿は島男の目にどう映っただろう。
社長に祭り上げられたものの、あっというまに叩き落とされた島男は
今までやってきたことが何もかも無駄になった、と思っているのかも
しれない。蛸壺に閉じこもって自分を哀れむのに忙しくて、
かおりやまりこ、龍太が何を思い、何を考えているのかもわからない。
ましてや、自分が叩き落とした高柳がこんな風に、なりふりかまわず
走り回っているとは思いもしなかっただろう。
自分が周囲にどんな影響を与えてきたのかも。

高柳は言う。
「おまえと働きたかったんだ。
一緒に新しい会社をやっていきたかった。」
ふと目を泳がせ、あらためて島男を見つめてそう言った高柳。

この高柳の変化は島男が呼び込んだものだ。
河原で高柳は言ってたじゃないか。
「諦めない」ことを島男から学んだのだと。
島男が意図せずもたらした影響・・・教えたことが今また
高柳を介して島男自身に戻ってくる。
「諦めないこと」
ものを考えない男だった島男に
それが水のように染み込んでくる。
「助けてもらうのは、ぼくの方です。」
自分が他者に与えたものが今また返ってきて、自分を助ける。
長らく忘れていたこの「循環」を島男は思い出し、改めて知る。
島男がフロンティアで過ごした日々は無駄ではなかったのだ。
利益以外に生み出したものもあったのだから。
それはフロンティアだけでなく、身近な人間・・・まりこや龍太たち
にしても同じだろう。
龍太が時に叱咤しつつも決して島男を見捨てなかったのは、
意図せず温かいものを周囲に与える島男が好きだから、
じゃないか?
幼馴染みという理由だけなら、とっくに見限ってる・・・かもしれない。

いずれにせよ、島男は今までの全てが無駄ではなかったことに
気づき、それに救われる。
そして復活への勇気をも得た。

「しばらく高柳さんの仕事を手伝うことにした。」
と、まりこに告げる島男の表情は明るさと穏やかさを取り戻して
いたが、以前と全く同じではない。
ただただのんきでお人好しなのではなく、成長した落ち着きが
見られる。
かおりが持ってきてくれた箱の中身・・・おもちゃのロボット・・・を
見て、飛び出して行き、かおりを待ち受ける。

ごめんなさい、ひどいこと言って。
ごめんなさい、追い返したりして。
ごめんなさい、会いたくないなんて言って。
ロボット、届けてくれてありがとう。

情けなさそうに、まぶしそうにかおりを見上げる島男。
一連の「ごめんなさい」が韻を踏んだ歌のようだった。
さすが、歌手だなぁ。

フロンティアを飛び出した神谷、そしてかおりを加え、
鈴木ねじの事務所を本拠地に新会社を立ち上げる島男と高柳。
すっかり旧知の仲気分の龍太はあれやこれや世話を焼きながら
さっそく高柳を「とおるちゃん」呼ばわり。
怪訝そうに、しかし敬語で接する高柳が可笑しい。
記念写真を撮るとき、馴れ馴れしく肩に置かれた龍太の腕を
つまみ上げるようにはずす高柳。
自分だけでなく、かおりの肩からも。(笑)

ところで高柳とかおりの関係って、いったい何だったの?
私はまた、義理の兄妹かと思ったよ。

最終回のタイトルは「ヒルズに恋して」。
お、当初の番組名に戻るのね?
ヒルズに恋して・・・ヒルズに戻ってくるということか?
って、もう見終わったんだけど。
早めに書きます。
【2005.06.23 Thursday 23:36】 author : あ〜る
| 恋におちたら | comments(1) | pookmark |
この記事に関するコメント
あ〜るさん、こんにちは。

第10話を全て書かれてからコメントを書こうと
毎回楽しみにしていました。
体調の方はもう大丈夫ですか?私もここのところ
暑さにやられています。

七海さん、すごく温かいまなざしでしたよね。
心に残りました。
蛸とかけての記事の展開も、またまたそうかぁと
思いながら読ませて頂きました。

ごめんなさいの場面、
私もそのリズムが心地よいなと感じていました。
草なぎくんだからこそ、こちらに伝わってくるところがあったなぁと。

そのドラマも、
終わってしまいましたね。
| メイ | 2005/06/24 1:03 PM |
コメントする